解剖学と運動力学を応用しパドリングがラクになるパフォーマンス・スーツ-Rev.wetsuits

Rev.wetsuits-パドリングがラクになり、疲れにくい世界初の機能を持つサーフィン用ウエットスーツブランド

おへそでバランスを取るは間違い

こんにちわ、サーフコーチの林です。
館山のRPCから、、、

昨日のサーフコーチングで、パドリングしながら
ボードコントロールのレクチャーをしました。

パドルしながらノーズの上下のコントロールって
意外と難しいんですよね〜

なので、パドルしながらノーズの上下コントロールが
出来ない人って凄く多いんですよ。
ノーズの上下コントロールをする事を知らない人も
多かったりするのですが、もの凄く重要なスキルです。

例えば、、、

波が厚い時やボードを走らせたいときって
テイクオフで意図的にノーズを上げるんですけど、
このコントロールスキルがあると
波に合わせたテイクオフのスキルが身につきます。

テイクオフで2〜3回のパドルで
ツーーーーって滑ってテイクオフする人
たまに見かけますよね?
その人はノーズを意図的に下げて、
波の力を使ってボードを走らせています。

dsc08096

意図的にノーズを下げている状態はこんな感じです。

おへそでバランスを取るは間違い

おへそでバランスを取ると一般的にはいわれてますが、
点でバランスを取るために背中を反ってしまう原因になります。
中心となる腰椎に負担がかかり、腰痛の原因でもあります。

さらに、おへそでバランスを取りながら
アゴでボードを押しても、ヒザでバランスを保とうとするために
ノーズは結局下がらないんですよね。

あ、そうそう、もう一つあって、
テイクオフでリフティングフォースを受けたときに背中を反ってしまい
さらに両足が上がってしまいシャチホコ状態になります。
その結果、滑り出しが遅くなりテイクオフが遅くなる原因になってしまいます。

僕のBLOGを熱心に読んでいるあなたはご存じだと思いますが
ボードのバランスを取るのは「みぞおち」がベストです。

おへそでバランスを取ると、骨盤が固定されてしまい
ノーズの上下コントロールが出来ません。
けれどみぞおちでボードのバランスを取ると、
骨盤を自由に動かす事が出来るのでノーズの
上下コントロールが簡単にできるようになります。

ここを変えるだけでテイクオフでの
ボードの走り出しが変わる人も多いです。

みぞおちでバランスを取るメリット

前述したとおり、ノーズの上下のコントロールがラクに出来るようになる。
そして、みぞおちからヒザまでの大きな面でボードに乗る事が出来るので
バランスを取るのがラクになります。
あとは、背中を反らなくなるので疲れ方が明らかに違います。

背中を反らなくなるとパドルの姿勢を支える
脊柱起立筋を固めなくて済むので、
肩周りの可動範囲が広がり自由に肩を動かせるようになる。
その結果ストロークが長くなるのでパドルがラクにもなるし、
パドルも速くなります。
あとは腰に負担がかからないから、腰痛が減る。
こんなメリットがあります。

デメリットは、今までおへそでバランスを取っていたのを
みぞおちに変えるので慣れるのに時間がかかる。
すぐに元のパドルに戻る・・・こんな所です。

固定概念は疑って掛かると色々と見えることがありますね^^

今度海に行ったら、みぞおちでバランスを取ってみてください。
疲れ方が変わったってサーフコーチングを受けた方は
口を揃えたように言ってくれています^^

P.S.疲れないパドルを身につけたい??

ならばこれがオススメです
R.E.P.
販売期間は今月末まで


このページの先頭へ