サーフィンテクニック

大きい波でも同じですか?

こんにちわ、サーフコーチの林です。
館山のRPCから、、、

 

波が大きくなっても、テイクオフはフォースリフト使うんですか?
ってよく質問されます。

答えは、YESです。
どんなときもフォースリフトを使うのがベスト。

小さい波が割れるスピードは時速10km/h前後。
これが頭を越えてくると20km/hとか
更に大きくなると40km/h位のスピードになります。

小さい波は乗れるけどサイズが上がると乗れなくなる原因は
パドルでスピードを付けて乗ろうとしているからです。

時速20キロのスピードを付けるって相当大変だと思いませんか?
ママチャリを飛ばして漕いでいるのがだいたい20キロ位です。
ママチャリ全力が30キロ位ですね。

パドルで20キロ出たとしても、

テイクオフしたときには頭真っ白ですよね(-_-;

 

どんな波でもフォースリフトを使う事が
良い1本にする最大の秘訣です。

混んでいるときほど、このフォースリフトを使うと
一番良い場所から乗る事が出来ます。

このフォースリフトはライディングでも使います。

ボトムターンからトップへ上がってゆくときに加速するためにも必要です。
さらにエアーをする時にも使いますね。

この前、WSLのビッグウェーブコンテストが開催されましたけど、
TWIGがパーフェクト10を出したライディングは
フォースリフトを使ったテイクオフでしたね。
ボトムから浮き上がっています。
https://www.facebook.com/WSL/videos/10153768220412058/

このフォースリフトを使うためにもうねりの段階のピークに
入ってゆくのがポイントです。
どんなサイズの波でも使えるようになっていきましょう〜

このムービーの1.26〜のテイクオフもフォースリフト使っていますよ。

 

P.S.フォースリフトを使う方法知りたい?

今ならテイクオフで波を攻略する方法を
55名様に無料であげます
2015_05TO_camp01
残り7名様

ピックアップ記事

  1. サーフィンが疲れる最大の原因
  2. ドライスーツを越えた暖かさ
  3. 動きやすさのカギは肩甲骨
  4. 僕がパフォーマンス・スーツを作ったきっかけ
  5. パドルが重たくなるのは当たり前?

関連記事

  1. サーフィンテクニック

    リップを成功させる重要な要素

    こんにちは、サーフコーチの林です。方南町のRev.ShowRoomから…

  2. Rev.SC

    最新のリッピングを簡単にメイクする方法

    こんばんわ、林です。今回は、リッピングについてですね。先日のWT第…

  3. サーフィンテクニック

    2〜3回のパドルでテイクオフする方法

    こんにちは、 サーフコーチの林です。 今日は、 サーフィンが上…

  4. Member限定コンテンツ

    保護中: WCTサーファーとWQSサーファーのパドリングの違い

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  5. サーフィンテクニック

    カットバックが上手くいかない時の共通の間違い

    こんにちは、サーフコーチの林です。今日はカットバックが上手くいかな…

  6. Member限定コンテンツ

    保護中: 【実践編】WCTサーファーとWQSサーファーのパドリングの違い

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

オススメの記事

  1. パフォーマンススーツ

    サーフィンが疲れる最大の原因
  2. BLOG

    パドルが重たくなるのは当たり前?
  3. パフォーマンススーツ

    ドライスーツを越えた暖かさ
  4. パフォーマンススーツ

    冬の波良い日に満足ゆくまでサーフィンしたい??
  5. BLOG

    僕がパフォーマンス・スーツを作ったきっかけ
PAGE TOP