キャンセル1台分のみ

時間を見つけてはスケートで練習しているけど
ターンが上達している気がしない、、、

Rev.vssk8

サーフィンの上達には正しい身体の動きを身につける事が大切ですよね。

実際にサーフィン中にどうやれば良いのか?どうしたら上手くいくのか?
という事を繰り返して冷静に練習することはできないですよね?
ライディングの練習は陸上で繰り返し反復練習をすることで、はじめてカラダが覚えます。
カラダが覚えていれば、海の中で意識して練習することが初めて可能になります。
サーフィン上達のためには、サーフスケートでの練習は不可欠な要素です。

現在、主流になっているのは前だけが動くトラックのサーフスケート。
「ボードを傾ける」という動作より「ボードの前側が動く」ことにフォーカスされています。

フロントトラックが動くので前足を動かしてしまいターンの練習をしてしまう。
ボードを動かすために、後ろの手を振り勢いを付ける。
もしくは腰や上半身をひねってボードを動かす、、、

サーフィンで必要なボードを傾けるという動作をせずに、
ボードや上半身の動きやでスピードを付けてしまう悪いクセが付いてしまい
実際、サーフィンでも同じ事をしてもターンが思うように上手くならない。
沢山練習しているのに、ターンが加速しないと感じている方も少なくないと思います。

コレを続けててもサーフィンが上手くならないという思っている方も多いと思います、、、


サーフィンは前を動かしてもスピードがつかない。

なぜなら、サーフィンのターンはレール全体を使う事でスピードがつくからです。 サーフィンはレールワークが重要なのは誰でも知っていると思います。

レールが入っている長さx時間=スピードという公式があります。

前を動かすためには後に重心を乗せないと出来ないのでテール重心になり、その結果レールが入ってる長さが短くなります。 さらに、細かくボードを動かしてしまうので スピードがつかずに失速をしてしまいます。 沢山サーフスケートで練習しても、なかなかサーフィンに反映されなくなってしまいます。

ボード全体が傾ける事で、長くレールが使える

サーフィンのターンはつま先側のレール全体を使い、ターンの切り替え時にボードはフラットに。
そして、カカト側のレールを使う
。 これがターンの動きでありレールワークです。

サーフィンのターンはリーン・インとリーン・アウトという言葉がISAのサーフコーチには共通するターンの概念があります。
簡単に書くとボードを傾けて戻すという事です。
ボードはただ傾けるだけでターンが出来ます。

つま先側のレールを使う時は、つま先に乗りボードを傾けターン。
カカト側のレールを使う時は、カカトに乗りボードを傾けターンをします。

当たり前の事ですが意外と意識してやっている人は少ないです。
フロントトラックだけが動くサーフスケートで練習すると
ボードを足で動かしノーズを左右に振ったり
カラダをヒネりボードを動かす事をしてしまい、
ボード全体を傾ける動作をしなくなってしまいます。

ボード全体を傾けられるシステムが必要になる

サーフスケートの前側だけでなく、ボード全体を傾けるようにする事で サーフィンの練習する効率が上がります。

サーフボード全体を傾ける練習ができるので 実際のサーフィンでも使えるレールが長くなり、 その結果スピードが出るようになります。

いかにサーフボード全体が傾き、乗っている感覚に近い状態で質の高い練習が出来るのか? コレがカギになってきます。

その為にはフロントトラックだけでなく、リアのトラックの可動性が重要になります。
フロントトラックだけが動くだけだと、ノーズ側しか傾かないのでボード全体を傾ける事が出来ません。
フロントトラックと同様にリアのトラックも傾く事で、
ボード全体を傾ける事が出来るようになり、レールを長く使ったターンを練習することが出来ます。

前後が動くトラックだけでは
サーフィンのフィーリングにならない

なぜなら、サーフボードにはフィンがあります。
前と後のトラックを同じにしたらボード全体が傾きますが、
サーフボードに乗っているフィーリングとは違うモノになってしまいます。

サーフボードが傾きレールが入る事で、体重と重力により強烈な負荷がかかりフィンが反ります。
そしてレールが抜けはじめるとボードに掛かっていた体重と重力による負荷が減りフィンが反発して元に戻ります。
このフィンの反って反発して戻る動きがターンの伸びに関係してきます。

フロントトラックのみが動くボードではサーフィンのフィーリングに近くならない要因でもあります。
リアのトラックにもフィンと同様の反って反発して戻る動きを取り入れる事でサーフボードに乗っているフィーリングに近くなるのは、想像しやすいと思います。


フィンの動きを再現した、Vトラック(リア用)

リアトラックのベース部分は前後にボルトがあり、
後側のボルトがフィンと同様に左右に先端が動きます。
この動きが、アスファルトでもフィンと同様の感覚を生みだし
ターンの伸びと急激なターンを可能にしています。

レールの切り替えにはボードがフラットになる必要があり、
コレが出来ないと重心の移動が出来ません。
Vトラックは後側のボルトが元の位置に戻るように設計され、
レールの切り替えで必要なボードをフラットにする感覚を身につける事が出来ます。


サーフボードのフィーリングを再現

サーフボードにはノーズロッカーとノーズのアウトライン、
さらには波には傾斜と弧があり、これらが影響し独特のラインを描きます。

フロントトラックの動きはもの凄く重要で、
動きすぎずにボードが深く傾いた時に
動きを邪魔しないトラックが必要です。
その為に、選び抜いたのがこのサイドワインダー。

Vトラックとサイドワインダーの組み合わせが
カービングターンやスナップ時で急激なターン弧を実現し、
質の高いサーフトレーニングが出来るようになります。
乗った瞬間から、サーフィンに本当に近いと感じる事が出来るでしょう。


サーフィンを本気で上手くなりたいと思っているあなたに、リアルなサーフフィーリングを再現したサーフスケートがここにあります
ボード全体を深く傾ける事が出来るので、本当にサーフィン近い感覚を乗った瞬間に感じる事が出来ます
加速するレールワークの第一歩、ボードを傾ける動作がスムーズにできます。
そして、スピードのあるターンや鋭角なスナップ、スピードがついた状態でのカービングターンなども可能です。

実際にこの動きを見てください

ここまでサーフスケートで出来るようになります

このサーフスケートがサーフィンの練習にベストな理由

このヴァーティカルサーフスケートは、サーフボードの動き、フィンが付いていることによってサーフボードの動きに与えるメカニズムを考えられて独自に開発されたリアトラックが付いています。

以前販売していたオリジナルトラック+ガルウィング・サイドワインダーを組み合わせたバージョンは、凄くサーフィンの感覚に近く評判も良かったのですが、後ろが動きすぎるために後ろ足で蹴ってターンをしてしまう悪いクセが付く可能性がありました。さらに、前がスイングするトラックは、サーフボードの動きとかけ離れているために、ノーズ側を振ってしまい実際のサーフィンとは違う動作になってしまいがちです。

サーフィンでターンをするためには、ボード全体を傾けて、重心移動をして、伸び上がることではじめてドライブの効いたターンができます。 トップアクションは、ボードを傾けて、重心移動を上半身のローテーションで加速させます。

効率の良いサーフィンの練習をするためにも、ボード全体を深く傾けるられるように高さを出してあります。 さらに、サーフスケートで急激に曲がるターンをしたときに、しっかりと「粘り」地面に「食い付く」リアトラックがスピードが出ている状態でのターンを可能にしています。 サーフボードのフィンがターンに与えるメカニズムは、重心移動でフィンに強烈な負荷が掛かりフィンが元の形に戻る時に、フィンに掛かっている負荷がリリースされ急激にターンの角度が変わります。この動きを再現したのが、リアのヴァーティカルトラックです。

ヴァーティカルサーフスケートは、これ以上サーフィンに近い感覚はないくらい、リアルなサーフフィーリングになっています。 サーフィンで思うように上手くターンできないあの感覚もどかしいが再現されるので、間違った動きを修正しやすくなります。 もっとも効率よくサーフィンの練習になるように独自で開発されたトラックを開発し、パーツをセレクトして最適な状態でセッティングされています。 サーフィンに熱心で上手くなりたい!って思っているあなたにベストな練習アイテムになるでしょう。


グリップ力抜群で加速し、乗り心地が抜群のウィール

原点回帰してAbec11のZigZag Reflex Formula 70mm 78a(ピンク) または80a(ライムグリーン)がセッティングされます。
グリップ力と乗り心地が抜群で、スピードも出やすいので安定感が増します。
さらに高速ターンをしてもっかりと、地面に喰いついてくれます。


サーフボードの足裏から感じるフィーリングを
再現した、反応が良い3Dデッキ

そして、スケートに乗るデッキ。
9枚のカナディアンメイプルを使用したアメリカ製。
今回からデッキに乗った感覚も、フラットに感じ身体の動きに反応してくれるモノを選びました。
足裏の感覚が高くて反応が良い、さらにクールな柄で3DデッキのMADRID。
スタンス幅を広く取れる36インチです。
耐久性を兼ね備え、加重に対して素直に反応してくれます。


Rev.のSK8に実際に乗ってみた人の感想

こんなにサーフィンの感覚に近いスケートは無いと思います

加重すると素直にターン出来ます


お届け時期

2017年8月中旬〜の予定です
ご注文いただいた方から順に、お届けします。

販売台数

今回のプリオーダーは12台限定→キャンセル分1台のみです。


自分には使いこなせないと
思っている方のために特典をプレゼント

実際のコーチングでやっている「正しいターンを身につけるためのプログラム」を特典としてプレゼントします。
・サーフィンの基本フォームの練習
・ターンの第一歩ボードを傾ける動作、フロント、バックサイド
・ターンを加速させるダブルハンドの動作、フロント、バックサイド
・最大加速を生むダブルハンド・アップス


Vertical Surf Sk8の特徴

Rev. Vertical Surf SKは、正しいサーフィンのターンを身につけるための練習専用に開発されました。
このSKの特徴は

  • 描く弧がキレイでスムーズ
  • 正しいターンのコツが掴みやすい
  • Ver1より、深いボードの傾きを再現
  • フロントを振る方法や上半身のみで全く動かずスピードが付かないので、体重移動を使った正しいアップスが身につくようになります
  • 悪いクセが出やすくなっているので、どこにクセがあるのか分かるので修正できる
  • リッピングやテールスライドなど、コツを掴み身体の動きを覚えるのに最適
  • 小波で必要なクイックでシャープな動きを身につけることが出来る
  • レールを切り替える感覚が明確に分かるので、しっかりとした体重移動が出来るようになる

などがあり、練習すれば練習するほど正しいターンをするための筋肉がついて行きます。


限定12台と特典付き

もしかしたら、あなたはサーフィン上達したいと思っているので、沢山のスケボーやサーフボードを持っているかもしれません。
普通のサーフスケートより価格が高いと感じられているかもしれません。
実際に購入された方から話を聞くと、値段に躊躇したけど買って良かった!との声をいただいています。

価格を下げるために中国製の安い素材を使う事は可能ですが、クオリティ面や耐久性では確実に差が出て個体差のばらつきが発生します。
また各パーツをアメリカから取り寄せ、2段に構成になっているリアトラックのデッキ側は日本の工場で超高精度に作られています。
そして、全てのパーツがバラバラで届き、それを全て組み立てるので時間がかかってしまいます。
サーフコーチングで多忙な時間と隙間を縫い1人で組み立てる時間と手間を考えると12台が限界です。
そのために12台の台数限定となっています。

特典や非売品のレールワーク練習方法は、商品お届け時に一緒にご連絡させていただきます。


最初はこのVSSK8は難しいかもしれません

最初はこのVSSK8は難しいと思います。
特に、前がスイングしないので、止まっている状態からスピードを付けることが出来ません。 ボードノーズを振ったり、無理矢理いボードを曲げて動かしてしまうクセのある人は、これはサーフィンと違うって感じるでしょう。 しかし、実際のサーフィンでもボードのノーズを振る事でスピードはあまり出ません。 サーフィンの正しい動作はボードを動かす事より、まずはボードを傾ける事から。 そして、正しい重心移動が出来てはじめて加速します。 少しスピードを付けて乗り、ボードを傾けてからしっかりと正しい身体の動きが出来るようになるとスピードがグングンとでるようになります。

さらに、通常のサーフスケートより重量は重たいです。 リアのトラックが二重構造になっているために、リアトラック単体で重さがあります。 これはサーフボードの動きにどれだけ近づけるか?を追求した結果です。 このトラック以外で乗った瞬間にサーフィンに近いって感じられるサーフスケートは無いでしょう。

さらに、アメリカ製の7層に重ねられたカナディアン・ハード・メイプルをデッキを使用してクオリティコントロールされいるので、思いっきり体重をかけてターンをしても丈夫で簡単にデッキが割れないようになっています。

乗って不安定と感じたら、調整が可能です。 リアトラックの特徴は、調整幅が大きいこと。 最初に乗ったとき、不安定と感じたら、トラックのナットを締めることで安定感が増してゆきます。 逆に慣れてきて、もっと動くようにしたいと思ったらナットを緩めてゆくと動くようになっています。

フロントトラックも調整可能なので、レベルによって好みの動きに方にセッティング可能です。 オススメのセッティングは、フロントが硬めでリアがちょっと柔らかめです。

ただ何となくサーフィンの練習を続けるのですか?

一般的に流通しているサーフスケートは簡単に動いてしまったり、前が動くのでノーズを振ってしまい、本当のサーフィンと違う動きをしてしまいます。 さらに、ただ何となくやってしまい練習にならなかったり、ボードを動かそうという意識が強くなり間違った動きをしてしまいがちです。 また、どう練習すれば良いのか?のプラグラムがありません。
その為にサーフィンに必要な正しい動作が動作が身につかず、サーフィンと違う動きをしてしまいその動きをサーフィンでもしてしまうので上達を妨げます。一生懸命にサーフスケートを練習しても、何の成果も上がらないという事がおきてしまいます。

ヴァーティカルサーフスケートはボードを傾けレールを入れないとターンが出来ないようになっているので、レールを入れる感覚が身につけられ、スムーズなターンで必要なレールを切り返す動作などターンに必要な正しい動作を身につけられます。 さらに、スピードが出た状態での急激なターンやカットバックでリップにヒットさせる練習までする事が可能です。 そしてさらに、サーフィンに必要な筋肉を付ける事ができます。

他には無い、独自に開発したヴァーティカルトラック。 サーフボードの動き、フィンがサーフボードの動きに与えるメカニズムを取り入れた唯一のサーフスケートです。 さらに、厳選されたパーツを選び抜き、あなたは乗った瞬間から
・スムーズ
・よく滑る
・グリップ力が良い
と違いを感じ出るでしょう。
このスケートとベストなセッティングに調整を施されたものは、他では手に入りません。 さらに、サーフィンで加速のするターンの正しい動作を身につけるためのプログラムを提供しているところは他にはありません。

プリオーダーは12台限定→キャンセル分残り1台です。


Q&A

Q.組み立ててありますか?

サーフコーチの林が自ら組み立てセッティングして組み立てた状態でお届けします。 届いたら、直ぐに乗れる状態になっています。

Q.返金保証はありますか?

本気でサーフィン上達したいと思っている方のために作っているので、返金保証はありません。

サーフスケートで練習する理由がわかりません

実際にサーフィン先進国のAUSやUSAではサーフスケートがトレーニングプログラムに取り入れられています。
陸で出来ないことは海で出来ない。
これはサーフコーチングの世界では、共通の概念です。

サーフィンに必要な正しい身体の動きを身につけるためには、海の中では出来ません。
陸で正しい動きをカラダに染みこませてから、初めて海の上でも正しい身体の動きする事が出来ます。
実際にサーフィンしてて、どうやれば良いのか?分からなければ、カラダは動かないですよね。

いい年になってスケボーなんて・・・

サーフィンを本気で上手くなりたいと思っている60代の方も、実際に購入されサーフィンの練習に取り組んでいます。
年齢関係なくサーフィンの上達は海だけではなく、陸上でどれだけサーフボードの動きに近い状態でやるか?が重要です。 サーフィン上達の練習にサーフスケートは欠かせません。

体重が重たいのですが・・・

デッキは98kgの方が乗っても割れること無く滑ることができる、超丈夫なものを使っています。
さらに、フロントトラックの調節とリアのセッティングで硬さが調節できます。 動きすぎる、不安定って感じるようでしたら、リアのパーツも交換・調整できるようになっています。

スケボー乗ったことないんですけど・・・

特典でついている基本練習からのプログラムをこなしていけば、徐々にステップアップできます。 やればやるほど、慣れる時間も早くなってゆきます。

スィングトラックとどう違うのですか?

フロントトラックはボードを傾ける事にフォーカスし、リアトラックはフィンがボードに与える動きを再現したトラックになっています。

スィングトラックが練習にならない理由を教えてください

ターンの最初の動作は、ボード全体を傾ける事から始まります。 スィングトラックだとボード全体が傾かず前動きそして傾きので、実際のサーフィンとは違う動きになってしまいます。 加速するターンに必要なレールワーク、正しい動作が身につきにくいからです。

サーフィンの感覚に近いっていわれる理由をおしえてください

VSSK8は通常のサーフスケートより、高さがあります。 その為にボードをより深く傾ける事ができるようになっています。 そして、リアトラックがフィンの動きを再現しているので、スピードが出ている状態での急激なターンも可能にしています。 さらに、カットバックでスープにボードをヒットさせる動きも、リアトラックが常に食い付きながら曲がるのでサーフィンのカットバックと同じ動きが再現できます。

Q:パーツが壊れたら、どうしたらよいですか?

消耗品のベアリングやウィール、そしてトラックのブッシュ。
  これらは後程、注文出来るようになりますのでご安心ください。

Q:滑りが悪くなってきたのですが・・・

ベアリングのオイルが抜けたために、回転性能が落ちてしまい滑りがわるくなっています。
ベアリングの交換をオススメします。

Q:決済方法は何が使えますか?

銀行振込、Paypal、クレジットカード決済がご利用いただけます。

Q:分割払いは出来ますか?

クレジットカード払いでしたら、決済後にカード会社に連絡すると変更できます。

Q:送料はいくらかかりますか?

送料は無料です。


P.S. キャンセル分1台です

  • NEW
  • 残りわずか
  • オススメ
  • 限定品
商品名
Rev.Vertical Surf SK8 ver.3.5.
定価:
¥ 89,800 -(税抜)(税込)
現在の価格:
¥ 79,800-(税抜)
  • パッケージ:
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • とても難しいけど、効果が出る!

    投稿者:13モンキー おすすめレベル:★★★★

    今まで全然違うサーフスケートをしてきたって実感したと同時に、後悔しました。

    グラビティー乗って出来たつもりでサーフィンしても、同じ感じでサーフィン出来ないのは当たり前だと気付かされました。

    前のクセを抜くのが大変ですが、ターンのスピードが変わってきている実感があります。

    これは友達にも薦めているくらい、練習になります。

  • 短期間で確実に上手くなる

    投稿者:O おすすめレベル:★★★★★

    ボトムターンやカットバックはサー

    フィンそのもの。また、リッピング

    (リエントリー)などの急斜面は平地で

    は当然出せませんが、体の動きはサ

    ーフィンそのまんまです。

    4FTビデオと併せてトレーニングす

    る事をお勧めします。

    確かに安い買い物ではありません。

    何と無くDVD見てCVなどのSK8に乗

    って時間を費すよりは、間違え無く

    短期間でメイク率が上がります。

    そしてプロテクターは何があっても

    装着した法が良いです。練習のはず

    のSK8でサーフィンでき無くなりま

    す。

  • 全然違いますね

    投稿者:門井太悟 おすすめレベル:★★★★

    7台サーフスケートをもっていますが、膝と足首でレールを入れても全然進まなくてびっくりしました。

    サーフィンで膝と足首を使ってもスピードが出ないのは重心移動と加重抜重ができていないためだと痛感させられました。凄くスピードも出しやすいです。

    値段高いけど、価値ある商品だと思います。

  • ただのスケートでは無い

    投稿者:愚夫 おすすめレベル:★★★★

    これは本当にサーフィンの感覚だ!って感じました。レールワーク身につけられるように頑張ります

  • こりゃー難しめ

    投稿者:サーファーオヤジ おすすめレベル:★★★

    ちょっとおいらには難しすぎる

    せっかく買ったから、頑張ってみるけどできるようになるかなー

  • 凄いスムーズです

    投稿者:木村充 おすすめレベル:★★★★

    市販のカー○ーより全然スムースです。

    しかも乗り心地が違う。

    選りすぐりのパーツを使っているだけありますね。

    犬に吠えられなくなりました(笑

    ちょっと難しいです。

  • 林さんが開発したの問答無用で買いました

    投稿者:優 おすすめレベル:★★★★★

    これは凄いです。乗ったら面白くてあっという間に2時間たっていました!毎日乗っています!林さんのおかげでSK8もサーフィンも楽しいです!SK8できなくなる雨が大っ嫌いになりました!

  • サーフィンの悔しい気持ちを再現

    投稿者:ガルマ おすすめレベル:★★★★★

    サーフィンしてて悔しい気持ちが再現されるのでムキになっちゃいます。特典のムービーと4FTのメソッドを組み合わせると、ちょっとずつとムキになっていた所が上手くできるようになってきました

    コーチングで教えていることが特典に入っているのもうれしいです

    サーフィンまえにやると凄く効果的

  • Ver1より全然良い!

    投稿者:田中泰三 おすすめレベル:★★★★

    ver1はテールを蹴ってもスピードが付いたけど、これは蹴るとスピードが付かないです。

    しっかりとボードをたおしてから伸び上がると、加速します。

    ダブルハンドのアップスの教則ビデオは凄くためになります。

  • 前のバージョンより断然良いです

    投稿者:中拓朗 おすすめレベル:★★★★

    VSSK8、前より断然良いです。

    オリジナルサーフスケートも乗ったときに、コレは凄い!って思いましたが、VSSK8はもっとサーフィンの感覚に近いです。

    サーフィンしててもどかしい感じと同じ感じが再現されています。このもどかしい感じを解消して行けば、絶対うまくなる感じがします

  • 売らないでください!

    投稿者:倉田 おすすめレベル:★★★★★

    こんな良いもの、売らないでください!!

    周りが上手くなってしまうじゃ無いですか!!!

  • 最初は全然動かなかった

    投稿者:OGM おすすめレベル:★★★★★

    届いて乗った瞬間、全然動かない。

    大丈夫か?このスケボーって思いました。

    付属のムービーを見て徐々にやっていったら、段々と動くようになってきました。

    まだアップスまでは出来てないですが、ターンが加速し始めました。海でもその影響出ています。

    このスケボーは値段が高いけど、段々とサーフィンってこんな感じと感じられるし、基本練習が好きなときに出来るので、気に入っています。

  • こんなに粘るトラック初めて

    投稿者:寺尾 おすすめレベル:★★★★★

    スケートは色々と自分でパーツ集めて作ってきたけど、ここまで凄いトラックは無かったです。

    しかも、カーバーやグラビティなどのトラックはリアがそこまで動かないので、イマイチサーフィンのフィーリングに欠けると感じていました。

    このトラックを試乗した時、即買い決定しました。

    カットバックの一連の動作でリアトラックが粘る感じは究極なのではないでしょうか?

  • 最初は難しかった

    投稿者:50おやじサーファー おすすめレベル:★★★★

    こんなにスケボー難しいとは思いませんでした。

    けれど、特典に付いていたムービーを見て実践したら段々と出来るようになってきました。

    乗り心地はスムーズで気持ちいいですね。

    サーフィンの悪いクセが出るので、特典ムービーを見比べながらターン修正できるので凄く勉強になります。

このページの先頭へ