4月15日(日)まで

何故、サーフスケートでターンの練習しても
サーフィンで上手く出来ないのでしょうか?

  • サーフスケートでは上手く出来た方法をサーフィンでやってみてもうまく行かない・・・
  • 陸トレにはサーフスケートって言われるけど、サーフィンの感覚となんか違う気がする・・・
  • サーフィンにつながる正しいカラダの使い方や練習方法などのコツを分かりやすく身につけたい・・・
  • もし、あなたがこの様な事を感じているなら、サーフスケートでもサーフィンの感覚で練習することが出来るのですが…

From:サーフコーチ林

サーフィンの上達には正しい身体の動きを身につける事が大切なのはご存じだとおもいますが、あなたはターンの正しい動きって知っていますか?
ターンの第一歩は、まずはボードを傾ける事から始まるのですが、実際にサーフィン中にどうやれば良いのか?どうしたら上手くいくのか?という事を繰り返して冷静に練習することはできないですよね?
ライディングの練習は陸上で繰り返し反復練習をすることで、はじめてカラダが覚えます。
カラダが覚えていれば、海の中で意識して練習することが初めて可能になります。
サーフィン上達のためには、サーフスケートでの練習は不可欠な要素です。

しかし、従来のサーフスケートは「ボードを傾ける」という動作より「ボードが動く」ことにフォーカスされてしまっていました。
そのために、サーフィンで必要なボードを傾けるという動作をせずに、ボードや上半身の動きやでスピードを付けてしまう悪いクセが付いてしまう可能性がありました。

実際、サーフィンでも同じ事をしてもターンやリップアクションが思うように上手くできない。
沢山練習しているのに、ターンが加速しないと感じている方も少なくないと思います。
コレを続けててもサーフィンが上手くならないという思っている方も多いかも知れませんよね。
それはおそらく「あなたのせいじゃありません」。
サーフィンのレールワークの第一歩に必要な「ボードを傾ける」という動作ができないからなのですが、これは今まで具体的にどうやってターンをするのか言語化されてきていない、あなたはその犠牲者なのです。

サーフィンは前を動かすと失速する

なぜなら、サーフィンのターンはレール全体を使う事でスピードがつくからです。 
サーフィンはレールワークが重要なのは誰でも知っていると思います。 

レールが入っている長さx時間=スピードというセオリーがあります。 

前を動かすためには後に重心を乗せないと出来ないのでテール重心になり、その結果ノーズが上がりレールが入ってる長さが短くなります。 
さらに、細かくボードを動かしてしまうのでレールが入っている時間が短くなるので、スピードがつかずに失速をしてしまいます。 
沢山サーフスケートで練習しても、なかなかサーフィンに反映されなくなってしまいます。

レールを長く使う秘訣

サーフィンのターンはリーン・インとリーン・アウトという言葉がISAのサーフコーチには共通するターンの概念があります。 
簡単に書くとボードを傾けて戻すという事です。ボードはただ傾けるだけでターンが出来ます。 

例えばフロントサイドのボトムターンでレールを長く使うコツは、前足は外くるぶしの下に乗る。
ボトムターンが始まったら後足の母子球に加重を移動する。
これがレールを長く使う秘訣であり、CTサーファーが必ず身につけているボトムターンの方法です。

サーフィンのターンはつま先側にボードを傾け、ターンの切り替え時にボードはフラットに。 
そして、カカト側にボードを傾けてレールを使う。 
これがレールワークの基本であり、ターンのセオリーです。 

サーフコーチングで気付いた事・・・

Rev.vssk8

実際に、僕はコーチングでサーフスケートでのワークを取り入れています。
当初はスィングトラックを使ったサーフスケートでやっていましたが、途中から従来のサーフスケートはフロントトラックがスイングしてボードが傾くが、リアトラックまで傾かない。
ボード全体を傾けられるスケートで練習する必要があると感じたのです。
なぜなら、ターンはレールを長く使う必要があるからです。

そこで、様々なトラックを取り寄せて、ベストなセッティングになったのが2014年11月に販売した最初のコンプリート、オリジナルトラック+サイドワインダーの組み合わせ。乗った瞬間に、ボード全体が傾き、描く弧もサーフィンの感覚そのままを実現した!と思っていました。
しかし暫くすると、リアの動きがルース過ぎて改良の余地があると感じ、もっともっとサーフィンと同じ動きをするサーフスケートを開発したいという思いが強くなっていきました。

たまたま友人とリアにスィングトラックを改造したのを付けて乗ってみたら、この感覚はまるでサーフィンに近いって感じたのです!
テールがドライブして、リアトラックがターンが付いてくる。
スケートでサーフィンの動きに近づけるにはリアトラックにヒントがあると気付きました。
そして、フィンがサーフボードの動きに与える影響が考慮されていなかった事に気付き、フィンがターンにどう影響を与えるのかを考え、完全オリジナルのトラックを製作開始。

しかしながら、トラック全部を作るとコストが掛かりすぎるので、既製品のトラックにフィンの動きを付け加えるベーストラックを開発。
数十パターンのトラックをテストで作り、フィンの動きに近い感覚のサンプルを選びました。
そして最終候補の中から、選び抜いたのが上段・下段とハイブリッド仕様となったヴァーティカルトラックです。

このヴァーティカルトラックも、耐久性を最も重視してかなりの期間テストを繰り返しています。
何回もキングピンが折れ、7m位吹っ飛び背骨を骨折する寸前までの負荷を掛けた危険なテストも何回も繰り返しました。
そして、動きに制限をかける事無く計算上と実際のテストでやっと耐久性に満足ゆくトラックが仕上がりました。

さらに、ヴァーティカル・トラックは改良を重ねVer.3へと進化し、さらにサーフィンのフィーリングに近づける事に成功しました。
特に、最近のサーフィンの主流であるカービングターンをドライブさせながら出来るように、色々と仕様を改良してバージョンアップしています。スィングトラックでは再現出来ない、リアのウィールが地面へと食い付くように進化し、スピードを出しながらのカービングターンの練習ができます。

サーフィンと同じ失敗が再現されます

このVSSK8は「正しいレールワーク」を再現し、海の上でやっているリアルなサーフフィーリングで練習できる唯一のサーフスケートです。
なぜなら、ボード全体が深く傾くようになっているのでターンのプロセスを間違えたり抜かしたりすると、あなたがサーフィンのターンで失敗する事が同じように再現されるようになっています。

例えばフロントサイドのカットバックで後ろに転んでしまう・・・これが同じように再現されます。
後ろに転んでしまうの多くの共通する間違いが、頭を後ろにズラしてしまう事です。
頭を後ろにズラす事で重心が後ろに移動して不安定になり、前足と後足の体重比率が悪くなってしまうので後ろに転んでしまいます。
なので、頭を後ろにずらさずに両腕を広げて、両足の外側に乗る。そして内股を軽く締める事で失速しない安定したカットバックが出来るようになります。これらのカットバックの正しい方法を何回も繰り返し、納得のゆくまで練習をする事が出来ます。

東京にお住まいのKさん 56歳男性の場合は

サーフィンをはじめて30年間テイクオフするだけで、スピードも付けられずターンが全く出来なかった。
けれどVSSK8で練習するようになってからターン出来るようになり、カットバックやアクションに挑戦できるようになったそうです。
そして今では海に入る前にVSSK8をしないで入る事はそのラウンドを無駄にしてしまうのが怖くて考えられない。
と言っています。ちなみに、雨でもVSSK8に乗ってカラダの使い方や感覚を調整してから海に入るそうです。

その他には中上級者では難易度の高いカービングターンでスプレーが飛んでいる音を聞きながら出来るようになったとの声を頂いています。
サーフィンと同じ失敗を再現する事が出来て、サーフィンのターンを正しく身につける事が出来るのは、このVSSK8しかありません。

実際にこの動きを見てください

ここまでサーフスケートで出来るようになります



Rev.のSK8に実際に乗ってみた人の感想

こんなにサーフィンの感覚に近いスケートは無いと思います


加重すると素直にターン出来ます



サーフィン独特のフィーリング影響する重要なモノ

サーフボードにはフィンがあります。
前と後のトラックを同じにしたらボード全体が傾きますが、サーフボードに乗っているフィーリングとは違うモノになってしまいます。サーフボードが傾きレールが入る事で、体重と重力により強烈な負荷がかかりフィンが反ります。そしてレールが抜けはじめるとボードに掛かっていた体重と重力による負荷が減りフィンが反発して元に戻ります。このフィンの反って反発して戻る動きがターンの伸びに関係してきます。フロントトラックのみが動くボードではサーフィンのフィーリングに近くならない要因でもあります。
リアのトラックにもフィンと同様の反って反発して戻る動きを取り入れる事でサーフボードに乗っているフィーリングに近くなるのは、想像しやすいと思います。


フィンの動きを再現した、Vトラック(リア用)

リアトラックのベース部分は前後にボルトがあり、後側のボルトがフィンと同様に左右に先端が動きます。
この動きが、アスファルトでもフィンと同様の感覚を生みだしターンの伸びと急激なターンを可能にしています。

レールの切り替えにはボードがフラットになる必要があり、コレが出来ないと重心の移動が出来ません。
Vトラックは後側のボルトが元の位置に戻るように設計され、レールの切り替えで必要なボードをフラットにする感覚を身につける事が出来ます。


よりサーフボードのフィーリングを再現するフロントトラック

サーフボードにはノーズロッカーとノーズのアウトライン、さらには波には傾斜と弧があり、これらが影響し独特のラインを描きます。
フロントトラックの動きはもの凄く重要で、動きすぎずにボードが深く傾いた時に動きを邪魔しないトラックが必要です。
その為に、選び抜いたのがこのサイドワインダー。

Vトラックとサイドワインダーの組み合わせがカービングターンやスナップ時で急激なターン弧を実現し、質の高いサーフトレーニングが出来るようになります。
乗った瞬間から、サーフィンに本当に近いと感じる事が出来るでしょう。


グリップ力抜群で加速し、乗り心地が抜群のウィール

原点回帰してCadillacのCRUISERS 70mm 78a(ピンク) がセッティングされます。
グリップ力と乗り心地が抜群で、スピードも出やすいので安定感が増します。
さらに高速ターンをしてもっかりと、地面に喰いついてくれます。
低速でも、高速でもしっかりと地面にくいつき思いっきりターンの練習をする事が出来ます。


サーフボードの足裏から感じるフィーリングを
再現した、反応が良い3Dデッキ

そして、スケートに乗るデッキ。
9枚のカナディアンメイプルを使用したアメリカ製。
今回からデッキに乗った感覚も、フラットに感じ身体の動きに反応してくれるモノを選びました。
足裏の感覚が高くて反応が良い、さらにクールな柄で3DデッキのMADRID。
スタンス幅を広く取れる38.25インチです。
耐久性を兼ね備え、加重に対して素直に反応してくれます。


このサーフスケートがサーフィンの練習にベストな7つの理由

  • このヴァーティカルサーフスケート(VSSK8)は、フィンが付いていることによってサーフボードの動きに与えるメカニズムを考えられて独自に開発されたリアトラックが付いてきます。陸でもサーフボードの急激に加速する感覚を味わえます。
  • 前がスイングしたり動くトラックは、サーフボードの動きとかけ離れているために、ノーズ側を振ってしまい実際のサーフィンとは違う動作になってしまい、いくら練習しても上手くなることはありません。このVSSK8はボード全体が深く傾くようになっているので、サーフィンのボードが傾く動きと同じ反応をします。
    陸で最も効率良い反復練習をする事が出来るのがこのVSSK8です。
  • サーフィンでターンをするためには、あなたの体重をボードに乗せて、ボード全体を傾けて、伸び上がることではじめてドライブの効いたターンができます。
    リップアクションは、ボードに体重を乗せて、ボードを傾けて、上半身のローテーションで加速さるのがセオリーです。
    ボード全体が傾き、ターンのセオリーをしっかりと身につけられる唯一のサーフスケートです。
  • 効率の良いサーフィンの練習をするために、ボード全体を深く傾けるられるように高さを出してあります。
    さらに、サーフスケートで急激に曲がるターンをしたときに、しっかりと「粘り」地面に「食い付く」リアトラックとウィールを選んであるのでスピードが出ている状態でのターンが可能です。あなたはしっかりと練習していくことで高速カービングターンを身につける事が可能です。
  • サーフボードのフィンがターンに与えるメカニズムは、加重移動でフィンに強烈な負荷が掛かりフィンが元の形に戻る時に、フィンに掛かっている負荷がリリースされ急激にターンの角度が変わります。この動きを再現したのが、リアのヴァーティカルトラックです。
    平地で練習しててもサーフィンの感覚に近い状態で練習することができます。
  • VSSK8は、これ以上サーフィンに近い感覚はないくらい、リアルなサーフフィーリングになっています。サーフィンで思うように上手くターンできないあの感覚もどかしいが再現されるので、間違った動きを修正しやすくなります。
  • もっとも効率よくサーフィンの練習になるように独自で開発されたトラックを開発し、パーツをセレクトして最適な状態でセッティングされています。
    サーフィンに熱心で上手くなりたい!って思っているあなたにベストな練習アイテムになるでしょう。

もしかしたら、あなたはサーフィン上達したいと思っているので、沢山のスケボーやサーフスケートを持っているかもしれません。
このVSSK8は普通のサーフスケートより価格が高いと感じられているかもしれません。
価格を下げるために中国製の安い素材を使う事は可能ですが、クオリティ面や耐久性では確実に差が出て個体差のばらつきが発生します。
また各パーツをアメリカから取り寄せ、2段に構成になっているリアの独自に開発したヴァーティカル・トラックは日本の工場で超高精度に作られています。
さらにフィンの特性を取り入れているトラックが付いているサーフスケートのVSSK8はココでしか手に入りません。
あなたは今ここで、予約していただければお得な価格にて手に入れることが出来ます。


他のスケートとVSSK8が違う5つのポイント

失敗する所が再現されるので、何回も練習できる

一般的に流通しているサーフスケートは簡単に動いてしまったり、前が動くのでノーズを振ってしまい、本当のサーフィンと違う動きをしてしまいます。
さらに、ただ何となくやってしまい練習にならなかったり、ボードを動かそうという意識が強くなり間違った動きをしてしまいがちです。
このVSSK8は「正しいレールワーク」を再現し、海の上でやっているリアルなサーフフィーリングで練習できる唯一のサーフスケートです。
なぜなら、ボード全体が深く傾くようになっているのでターンのプロセスを間違えたり抜かしたりすると、あなたがサーフィンのターンで失敗する事が同じように再現されるようになっています。
なので、あなたは上手く出来るようになるまで何回も繰り返し納得のゆくまで失敗する所を練習することが出来ます。

正しいターンの方法を身につけられる

一般的なサーフスケートにはどう練習すれば良いのか?のプラグラムがありません。
その為にサーフィンに必要な正しい動作が動作が身につかず、サーフィンと違う動きをしてしまいその動きをサーフィンでもしてしまうので上達を妨げます。
一生懸命にサーフスケートを練習しても、何の成果も上がらないという事がおきてしまいます。
サーフィンは特別なスポーツという迷信は存在しなくて、解剖学と運動力学を使って全て説明することが出来ます。
VSSK8の特典に入ってくるメソッドは、世界標準のセオリーを元に解剖学・運動力学を使い、さらに体軸理論ももちいることで、あなたはやる事や意識する事がシンプルで分かりやすく身につけられるようになっています。
あなたはこの方法をしっかりと覚えて身につける事で、正しいターンを身につける事が出来、リップアクションでスプレーを飛ばす事が出来ようになるでしょう。

フィンの動きを再現し、他には無いターンの伸びを実現

サーフボードが傾きレールが入る事で、体重と重力により強烈な負荷がかかりフィンが反ります。 
このフィンが反って反発して戻る動きはターンの伸びに関係してきます。 
独自に開発したリアのヴァーティカル・トラックはフィンと同様の反って反発して戻る動きを取り入れる事でサーフボードに乗っている時に感じるターンの伸びを実現しました。
今までのサーフスケートでは実現できなかったサーフィン独特のターンの伸びを感じることが出来ます。

乗り味が調整可能なトラック

乗って不安定と感じたら、調整が可能です。
独自開発したリアトラックのヴァーティカル・トラックは調整幅が大きいこと。
単一の乗り味ではなくレベルに合わせて安定感を出したり、サーフボードのフィンセッティングのように乗り味を自在に変えられます。
最初に乗ったとき、不安定と感じたら、トラックのナットを締めることで安定感が増してゆきます。
上級者の方は、ツインフィンのような回転性の高いフィーリングにセッティングする事で、カービングターンやスナップなどのカーブ系ターンを質の高い練習も可能です。

フロントトラックも調整可能なので、レベルによって好みの動きに方にセッティング可能です。
オススメのセッティングは、フロントが少し硬めでリアがちょっと柔らかめです。

実際のサーフィンで必要なスタンスの広さを確保出来る

今回のセッティングは38インチのデッキを選び、身長の大きな方でもしっかりと広くスタンスがとれるようにしました。
デッキが短いと狭いスタンスになってしまい、サーフィンでは前足がしっかりとセンターに乗れず加速するターンを身につける事ができません。
最適なスタンスは前足はボードのセンター、後足はデッキパッドの中心に置く必要があり、肩幅の1.3〜1.5倍は必要です。
サーフィンと同じ広さのスタンスをとり、サーフィンと同じ感覚で練習することが出来ます。
さらに、3Dデッキを選んであるので足裏から伝わってくる感覚もサーフィンのようにダイレクトな感覚を得られるモノを選びました。


使いこなせるか分からない??

買ったけど使いこなせなかった・・・元が取れなかった・・・では意味無いですよね。
安心してください、このVSSK8には特典として、正しいターンのメカニズムとターンの動作方法を学び身につける事が出来る特典をお付けします。正しいターンってどうやるのか?表面的な動作方法は色々とありますが、解剖学や運動力学と裏付けて科学的に話せる人は他にはいません。
この特典でつく動画は、足の向き、足の何処に乗るのか?両足の加重割合、体幹の使い方や頭位置や腕を動かすタイミングは?これらが何故、この様になっているのか?具体的で明確に分かりやすく説明し身につける方法が分かります。
そして、フロントサイド、バックサイド、加速を生む正しい上下動など、解剖学と運動力学、さらに体軸理論を取り入れ、分かりやすくシンプルに出来て身につけられるようにプロクラムが構成されています。

VSSK8限定特典:バイオロジック・ターン:基本編

  • 全ての運動で基本となる形の説明
  • 波の力をスピードに変える基本フォーム
  • 身体の動きをスピードに変える動作方法
  • フロント:ボトムターン
  • バックサイドのボトムターン
  • バックサイドの加速方法

特典の内容を紹介すると


全ての運動動作には共通する基本の形が6つあります。
どのスポーツでも共通し、運動神経のいい人は自然とこの6つの形を使いこなしているのです。
サーフィンも同様で6つの形が存在し、使いこなすとターンが上手く出来るようになります。

運動神経ってセンスなのか?って思われますが、共通の形が分かると状況に対応させる事が出来るようになって行きます。センスや感覚ではなくセオリーに沿った方法でカラダの使い方を身につけられるようになります。
前述したように、サーフィンのターンやマニューバーにはそれぞれ対応する形があります。
実際にCTサーファーを見てると必ず同じような似た体勢でターンをするのは、この6つの形を自然と各ターンで身につけて使っています。さらに、形を使う事でラクにターンが出来るからです。
この基本となる形を身につけて行く事で、スピードを出す事が出来てドライブするターンを身につける事が出来ます。
余談ですが、共通する形をベースに、波の使い方や腕の使い方などでスタイルに差を出す事が出来ます。

今回からお付けする特典では、基本フォームとフロントサイドターン、バックサイドターン、カットバックで使う形を紹介します。
※その他のメジャーマニューバーのリエントリー、スナップやバックサイドリエントリー、フロントサイドのリエントリー、カービング等はターンのトリセツver2で紹介しています。

この形が身について使えるようにならないと、スケートやっても正直な所、全く意味はありません。
毎回違う動きをしてしまうので身につかないんですよね。
感覚ベースで感覚を頼りにするので、基準が無いので毎回違う動きをしてしまっている事すら気付きません。

例えば、スケートのレッスン受講した時は上手くできたけど、しばらくしたら出来なくなってしまった・・・ こんな経験あるかもしれません。
出来ないとセンスないのかな?って思ったりしまい、がっかりしますよね。けれど、あなたのせいではありません。
なぜこうなってしまうのか?というと、動作のみにフォーカスしているのでスケートで練習していると段々とやっている動作にズレが生じてしまいまうからです。
足の何処に乗るのか?太ももは何処に力を入れるのか?体幹はどういう状態か?という基準が無いので、やっている内容が徐々にズレてしまいます。そのためにしばらくしたら出来なくなってしまった・・・という事が起きてしまうのです。

しかし一方で、共通する形が分かると足の何処に乗って、太ももは何処に力を入れるのか? そして体幹はどう使うのか?が明確になり再現性が高くなります。
足の乗る位置も具体的に決まってて、太ももの力を入れたい場所は触れば意識しやすくなります。
この様に基準が出来れば、毎回精度の高い練習が出来るようになります。
そして体幹の使い方もコツを掴めば何回も繰り返し再現出来るようになります。

その結果、同じ動作を繰り返し繰り返すことが出来るようになります。

さらに追加で特典をお付けします!

リップアクションが出来るようになるまでにどの様なプロセスになっているのか?を具体的に解説した動画も特典としてお付けします!上手い人は感覚的に出来るようになってしまいますが、どの様なプロセスを積み重ねることでリップアクションが出来るようになるのか?って意外と理解されていません。
このリップアクションが出来るようになるためのプロセスを明確に紐解きます。各プロセスが明確になると、何処が出来てないのか?が明確になるので、海やスケートでどんな練習をしたら良いのか?明確になりますよね。

以前、期間限定で公開した動画「リップ出来るようになるオヤジ」のリップアクション編を特別に特典としてお付けします。
この動画で説明するプロセスを理解しない限り、あなたはリップアクションが出来るようにはならないでしょう。なぜなら、どういう順番でリップアクションが成り立っているのか?この構造を理解してないからです。
リップアクションが出来るようになるには、どんなプロセスが必要か?が明確に分かり、各プロセスの中にある要素を理解し精度高く順番に出来るようになることで、アクションが安定して決まるようになります。



正しく乗れているのか?分からない・・・

ご安心ください。正しく出来ているのか?分からない・・・コレで合っているのかな?って自分では分かりませんよね。
今回の特典として、VSSK8の練習をしている所を撮影して送っていただいたら、僕がアナライズして改善点をアドバイスさせていただきます。
1回あたり12,800円(税別)のアナライズサービスを最大6回分、特典としてお付けします!
折角上手くなりたいと思っている気持ちをサポート出来たらと思います。
※有効期限はお届けから半年間

※この特典は2018年版のみの限定の特典となります。


限定17台のみ→残り7台のみ

全てのパーツがバラバラで届き、それを全て組み立てるので時間がかかってしまいます。
毎回組み立てる時間と手間を考えると17台が限界です。
そのため、今回のプレオーダーでは17台→残り8台のみ台数限定となっています。
特典は要らないから安い方がイイという方もいると思うので、3種類のラインナップからお選びいただけます。

ターンのトリセツver.2(148,000円)とのパッケージ(今年の夏頃にリリース予定です)

VSSK8の先行予約特典として、VSSK8割引に加えて半額でのご提供の特別オファーをご用意しました。
このターンのトリセツVer.2は日本ISAのマスターコーチで、オーストラリアのサーフコーチングを知り尽くしているHIROさんが大絶賛された方法です。
「色々なサーフコーチングを知っているけど、オーストラリアのコーチがアドバイスする内容の深い所までを説明出来る人は今までいなかった。
コーチですら表面的にしか表現できないけど、林コーチの説明は明確で奥が深く、しかも相変わらず分かりやすくシンプル。
それていで再現性が高く、体感できる!」
と言ってくれています。さらに、僕を日本の第一人者と太鼓判を押してくれています。
(※近々日本ISAのサイトにインタビュー等掲載予定)

日本ISAのマスターコーチのHIROさんが大絶賛した、ターンのトリセツver.2は解剖学・運動力学、そして体軸理論を取り入れメジャーマニュバーを網羅しています。
フロントサイドならボトムターン、リエントリー(オフ・ザ・リップ)、ラウンドハウスカットバック、カービングターン、カービングスナップ。
バックサイドはボトムターン、リエントリー、カービングスナップ、カットバック。
これらのメジャー・マニューバーを分かりやすく具体的にどうやるのか?そしてカラダの使い方のコツをあなたに伝授します。

VSSK8限定特典コンプリート

VSSK8限定特典「正しいターンを簡単に身につける基本パッケージ(非売品)」が付いてくる基本パッケージです。

特典なしコンプリート

特典を付けずに、組み立てられた完成品のみとなります。
あとから特典等やターンのトリセツver.2のパッケージに変更することは出来ません。
ご注意ください。

予約割引価格は4月15日(日)まで

サーフィンのターンで、どうカラダを使うのか?
足の向き、足の何処に乗るのか?体幹の使い方や頭位置や腕を動かすタイミング。
そして、フロントサイド、バックサイド、正しい上下動など、解剖学と運動力学、さらに体軸理論を取り入れ、分かりやすくシンプルに出来て身につけられる方法をの特典がついてきます。
この特典でしっかりとカラダの使い方を理解して身につけて行く事で、あなたはターンを上達にかかる時間を節約することが出来ます。
さらに、特典付きコンプリート及び、ターンのトリセツver.2付きをお選びの方には、ドライブするフロントサイド・カットバックを身につける最新の方法を追加特典でプレゼントします。

まとめると


※税抜価格です

正しいターンが身につけられて、ここまでの特典が付いてくるサーフスケートは他にはありませんよね。
感覚的な方法で作られたターンの方法ではなく、世界標準のメソッドをさらに発展させて分かりやすくシンプルに身につけられるようになっています。
今回の予約台数は17台のみなので、迷わず今すぐのお手続きをオススメします。

※ターンのトリセツver.2は2018年5月より順次公開予定です。

お届け時期

今回のデリバリーは5月中旬〜末の予定です。
アメリカからパーツが届き次第組み立てて、順番にお送りさせていただきます。


あなたがVSSK8で練習する事で得られるのは

  • ボード全体を傾ける事が出来るので、正しいターンを身につける事が出来る。
  • サーフィンと同じ失敗が再現されるので、失敗する所を納得いくまで繰り返し練習できる。
  • 海に入る前にVSSK8で練習してウォームアップすると、サーフィンでスムーズにライディングが出来るので課題としたターンを意識して練習出来る。
  • 間違ったターンの方法をしているとスピードは付かずに失速するようになっているので、間違っているのか?出来ているのか?が乗りながら分かる。
  • 特典に付いてくるターンの基本を学び実践し練習することで、ドライブするターンやリップアクションを短時間で成功させる事が出来る。

これらをあなたはサーフィンの練習で得ることが出来るようになるので、段々と周りのサーファーから「上手くなったね」「そのターンどうやっているの?」と言われるでしょう。

最初はこのVSSK8は難しいかもしれません

最初はこのVSSK8は難しいと思います。
特に、前がスイングしないので、止まっている状態からスピードを付けることが出来ません。
ノーズを振ったり、腰を捻って無理矢理ボードを曲げて動かしてしまうクセのある人は、これはサーフィンと違うって感じるでしょう。

しかし、実際のサーフィンではボードのノーズを振る事はありません。
なぜなら、ノーズを振ると失速するからです。
サーフィンの正しい動作はボードを動かす事より、まずはフラットな状態からボードを傾ける事から。
そして、ターンのプロセスとカラダを使う順番が出来てはじめて加速します。
少しスピードを付けて乗り、ボードを傾けてからしっかりと順番に正しい身体の動きが出来るようになると、ターンのスピードがグングンと伸びるようになります。

他には無い、独自に開発したヴァーティカルトラック。
サーフボードの動き、フィンがサーフボードの動きに与えるメカニズムを取り入れた唯一のサーフスケートです。
フィンのメカニズムがあるのでサーフィンでよくある失敗が再現されます。
独自に開発したヴァーティカル・トラックと厳選されたパーツが、あなたは乗った瞬間からサーフィンの感覚に本当に近い!と感じる事が出来ます。

さらに、
・スムーズ
・よく滑る
・グリップ力が良い
と違いを感じ出るでしょう。

このスケートとベストなセッティングに調整を施されたものは、他では手に入りません。
さらに、サーフィンで加速のするターンの正しい動作を身につけるためのプログラムを提供しているところは他にはありません。
今回、各パーツを取り寄せたのは限定17台のみです。

次はあなたの番です!

あなたには次の2つの道があります。1つ目は一般的なサーフスケートで今まで通りの練習をする方法。もちろん練習熱心な方はライディングの練習をこれからも沢山していくでしょう。
しかし、サーフボードと同じ動きを再現出来なければ、練習の効率が上がらないでしょう。レシピ無しで料理するのと一緒です。
カットバックして後ろに転んでしまう・・・ボトムターンでターンが伸びない・・・カービングターンで最後までボードが回らない・・・これらは一般的なサーフスケートでは問題を解決出来ません。ボード全体が傾かずフィンのメカニズムも考慮されていないので、サーフボード動きを再現出来ないからです。

2つ目の道はこのVSSK8を手に入れて、特典のターンの基礎を身につけてサーフボードと同じフィーリングで正しいターンの方法を身につけて行くという道です。
サーフィンしている時によく起きる失敗が再現されるので、正しいターンの方法を身につけられ修正できるようになります。
サーフスケートの練習では上手く出来るのにサーフィンでは上手く出来ないということが無くなるでしょう。

もちろんどちらの道を選ぶのもあなた次第です。
でもここまで読んでいるあなたは「ライディングが上手くなりたい!」と思っているのではないでしょうか?
あなたはきっと誰よりも練習熱心で向上心の高い人だと思います。「本気でライディングが上手くなりたい!」と真剣に思っている数少ない1人なのだと思います。もし、あなたがもっと効率良くライディングが上手くなりたい!リップアクションでスプレーと飛ばしたいと思っているなら、VSSK8と解剖学と運動力学をベースにしたターンの基礎は必ずお役に立つでしょう。

手に入れるか?入れないか?はあなたが決めることが出来ます。
過去の決断が今のあなたを作ってきたように、ここで行う決断があなたのこれからのサーフィンライフの質を作っていくことになります。どちらを選ぶかはあなたが自由に決めることが出来ます。
もし、あなたがVSSK8と特典の解剖学と運動力学をベースにしたターンの基礎を手に入れて、ライディングが上達したいなら…このVSSK8と特典を手に入れてください。

今すぐVSSK8と特典を手に入れよう!

予約割引価格は4月15日(日)まで、残り5台のみです


P.S. 残り5台のみです

今回は取り寄せたパーツ類は17台のみ。
アメリカのブランドサイト(ガルウィング)からサイドワインダーが消えているので、もしかしたらアメリカにある在庫限りかもしれません。
次回、同じフロントトラックでお届け出来るか未定ですので迷っているなら早めの行動をオススメします。
残り5台のみとなっています。
定員に達した時点で、ご注文出来なくなります。

  • 残りわずか
  • オススメ
  • 限定品
商品名
Rev.Vertical Surf SK8 ver.3.5.
定価:
¥ 98,000〜322,800 -(税抜)(税込)
現在の価格:
¥ 88,000〜168,000 -(税抜)(税込)
ご好評のため、品切れ中です。
次回入荷までしばらくお待ちくださいませ。
入荷情報を希望される方は、メルマガに登録をオススメします。

Q&A

Q.組み立ててありますか?

サーフコーチの林が自ら組み立てセッティングして組み立てた状態でお届けします。 届いたら、直ぐに乗れる状態になっています。

Q.返金保証はありますか?

本気でサーフィン上達したいと思っている方のために作っているので、返金保証はありません。

サーフスケートで練習する理由がわかりません

実際にサーフィン先進国のAUSやUSAではサーフスケートがトレーニングプログラムに取り入れられています。
陸で出来ないことは海で出来ない。
これはサーフコーチングの世界では、共通の概念です。

サーフィンに必要な正しい身体の動きを身につけるためには、海の中では出来ません。
陸で正しい動きをカラダに染みこませてから、初めて海の上でも正しい身体の動きする事が出来ます。
実際にサーフィンしてて、どうやれば良いのか?分からなければ、カラダは動かないですよね。

いい年になってスケボーなんて・・・

サーフィンを本気で上手くなりたいと思っている60代の方も、実際に購入されサーフィンの練習に取り組んでいます。
年齢関係なくサーフィンの上達は海だけではなく、陸上でどれだけサーフボードの動きに近い状態でやるか?が重要です。 サーフィン上達の練習にサーフスケートは欠かせません。

体重が重たいのですが・・・

デッキは98kgの方が乗っても割れること無く滑ることができる、超丈夫なものを使っています。
さらに、フロントトラックの調節とリアのセッティングで硬さが調節できます。 動きすぎる、不安定って感じるようでしたら、リアのパーツも交換・調整できるようになっています。

スケボー乗ったことないんですけど・・・

特典でついている基本練習からのプログラムをこなしていけば、徐々にステップアップできます。 やればやるほど、慣れる時間も早くなってゆきます。

スィングトラックとどう違うのですか?

フロントトラックはボードを傾ける事にフォーカスし、リアトラックはフィンがボードに与える動きを再現したトラックになっています。

スィングトラックが練習にならない理由を教えてください

ターンの最初の動作は、ボード全体を傾ける事から始まります。 スィングトラックだとボード全体が傾かず前動きそして傾きので、実際のサーフィンとは違う動きになってしまいます。 加速するターンに必要なレールワーク、正しい動作が身につきにくいからです。

サーフィンの感覚に近いっていわれる理由をおしえてください

VSSK8は通常のサーフスケートより、高さがあります。 その為にボードをより深く傾ける事ができるようになっています。 そして、リアトラックがフィンの動きを再現しているので、スピードが出ている状態での急激なターンも可能にしています。 さらに、カットバックでスープにボードをヒットさせる動きも、リアトラックが常に食い付きながら曲がるのでサーフィンのカットバックと同じ動きが再現できます。

Q:パーツが壊れたら、どうしたらよいですか?

消耗品のベアリングやウィール、そしてトラックのブッシュ。
  これらは後程、注文出来るようになりますのでご安心ください。

Q:滑りが悪くなってきたのですが・・・

ベアリングのオイルが抜けたために、回転性能が落ちてしまい滑りがわるくなっています。
ベアリングの交換をオススメします。

Q:決済方法は何が使えますか?

銀行振込、Paypal、クレジットカード決済がご利用いただけます。

Q:分割払いは出来ますか?

クレジットカード払いでしたら、決済後にカード会社に連絡すると変更できます。

Q:送料はいくらかかりますか?

送料は無料です。


この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • とても難しいけど、効果が出る!

    投稿者:13モンキー おすすめレベル:★★★★

    今まで全然違うサーフスケートをしてきたって実感したと同時に、後悔しました。 グラビティー乗って出来たつもりでサーフィンしても、同じ感じでサーフィン出来ないのは当たり前だと気付かされました。 前のクセを抜くのが大変ですが、ターンのスピードが変わってきている実感があります。 これは友達にも薦めているくらい、練習になります。

  • 短期間で確実に上手くなる

    投稿者:O おすすめレベル:★★★★★

    ボトムターンやカットバックはサー フィンそのもの。また、リッピング (リエントリー)などの急斜面は平地で は当然出せませんが、体の動きはサ ーフィンそのまんまです。 4FTビデオと併せてトレーニングす る事をお勧めします。 確かに安い買い物ではありません。 何と無くDVD見てCVなどのSK8に乗 って時間を費すよりは、間違え無く 短期間でメイク率が上がります。 そしてプロテクターは何があっても 装着した法が良いです。練習のはず のSK8でサーフィンでき無くなりま す。

  • 全然違いますね

    投稿者:門井太悟 おすすめレベル:★★★★

    7台サーフスケートをもっていますが、膝と足首でレールを入れても全然進まなくてびっくりしました。 サーフィンで膝と足首を使ってもスピードが出ないのは重心移動と加重抜重ができていないためだと痛感させられました。凄くスピードも出しやすいです。 値段高いけど、価値ある商品だと思います。

  • ただのスケートでは無い

    投稿者:愚夫 おすすめレベル:★★★★

    これは本当にサーフィンの感覚だ!って感じました。レールワーク身につけられるように頑張ります

  • こりゃー難しめ

    投稿者:サーファーオヤジ おすすめレベル:★★★

    ちょっとおいらには難しすぎる せっかく買ったから、頑張ってみるけどできるようになるかなー

  • 凄いスムーズです

    投稿者:木村充 おすすめレベル:★★★★

    市販のカー○ーより全然スムースです。 しかも乗り心地が違う。 選りすぐりのパーツを使っているだけありますね。 犬に吠えられなくなりました(笑 ちょっと難しいです。

  • 林さんが開発したの問答無用で買いました

    投稿者:優 おすすめレベル:★★★★★

    これは凄いです。乗ったら面白くてあっという間に2時間たっていました!毎日乗っています!林さんのおかげでSK8もサーフィンも楽しいです!SK8できなくなる雨が大っ嫌いになりました!

  • サーフィンの悔しい気持ちを再現

    投稿者:ガルマ おすすめレベル:★★★★★

    サーフィンしてて悔しい気持ちが再現されるのでムキになっちゃいます。特典のムービーと4FTのメソッドを組み合わせると、ちょっとずつとムキになっていた所が上手くできるようになってきました コーチングで教えていることが特典に入っているのもうれしいです サーフィンまえにやると凄く効果的

  • Ver1より全然良い!

    投稿者:田中泰三 おすすめレベル:★★★★

    ver1はテールを蹴ってもスピードが付いたけど、これは蹴るとスピードが付かないです。 しっかりとボードをたおしてから伸び上がると、加速します。 ダブルハンドのアップスの教則ビデオは凄くためになります。

  • 前のバージョンより断然良いです

    投稿者:中拓朗 おすすめレベル:★★★★

    VSSK8、前より断然良いです。 オリジナルサーフスケートも乗ったときに、コレは凄い!って思いましたが、VSSK8はもっとサーフィンの感覚に近いです。 サーフィンしててもどかしい感じと同じ感じが再現されています。このもどかしい感じを解消して行けば、絶対うまくなる感じがします

  • 売らないでください!

    投稿者:倉田 おすすめレベル:★★★★★

    こんな良いもの、売らないでください!! 周りが上手くなってしまうじゃ無いですか!!!

  • 最初は全然動かなかった

    投稿者:OGM おすすめレベル:★★★★★

    届いて乗った瞬間、全然動かない。 大丈夫か?このスケボーって思いました。 付属のムービーを見て徐々にやっていったら、段々と動くようになってきました。 まだアップスまでは出来てないですが、ターンが加速し始めました。海でもその影響出ています。 このスケボーは値段が高いけど、段々とサーフィンってこんな感じと感じられるし、基本練習が好きなときに出来るので、気に入っています。

  • こんなに粘るトラック初めて

    投稿者:寺尾 おすすめレベル:★★★★★

    スケートは色々と自分でパーツ集めて作ってきたけど、ここまで凄いトラックは無かったです。 しかも、カーバーやグラビティなどのトラックはリアがそこまで動かないので、イマイチサーフィンのフィーリングに欠けると感じていました。 このトラックを試乗した時、即買い決定しました。 カットバックの一連の動作でリアトラックが粘る感じは究極なのではないでしょうか?

  • 最初は難しかった

    投稿者:50おやじサーファー おすすめレベル:★★★★

    こんなにスケボー難しいとは思いませんでした。 けれど、特典に付いていたムービーを見て実践したら段々と出来るようになってきました。 乗り心地はスムーズで気持ちいいですね。 サーフィンの悪いクセが出るので、特典ムービーを見比べながらターン修正できるので凄く勉強になります。